クルマが曲がる時にカタカタ音がしたら要注意!ドライブシャフトの点検・修理について!!

2021/05/07 更新   メンテナンスのトピックス

福山市の皆様へ。
お車の乗り換え、修理、点検はトータルカーサービス TCS福山 TCS Keiにおまかせください♪

クルマの足回りにはドライブシャフトと呼ばれる車検の点検項目にも入っている重要なパーツが付いています。
簡単に説明すると、車のミッションからの回転力をタイヤに伝える役割です。
つまり、このパーツが壊れるといくらエンジンとミッションが問題なくても、正常に走行する事が困難になります。
今回は、ドライブシャフトのよくある故障についてお話します。

ドライブシャフトの故障の多くはグリス漏れ

専門的な話になりますので細かい説明は省きますが、ドライブシャフトにはグリスと呼ばれる潤滑剤が入っている場所があり、そのグリスをブーツと呼ばれるゴム部品で覆っています。
このブーツと呼ばれるゴム部品は年数が経つと、劣化により破れてしまったりして、グリス漏れを起こします
グリスがなくなってしまうと、ドライブシャフト内部が傷んでしまいドライブシャフト本体を交換するために高額な費用が発生すします
つまり、車検などの定期点検や作業をする時に少しひと手間かけて点検する事で、早めに発見できれば修理費用が安く済む可能性もあります。
トータルカーサービスでは、お客様から依頼された箇所以外もお待ちいただく時間が長くならないよう気を付けながら、点検を行うようにしています。

ドライブシャフトの内部が傷んでしまった症状の分かりやすい判別方法は「音」です。
ハンドルを切ってアクセルと踏んだ時に「カタカタ」と音が鳴っている場合は、グリス漏れによりドライブシャフト本体が傷んでいる可能性があります。
早急に点検する事をおすすめします。

こちらの写真は、最初にグリス漏れが起きていた部分を修理した写真です。
早めに見つける事ができれば、画像真ん中の黒いゴム部分の交換とグリスの再注入だけで修理する事ができます
ドライブシャフト本体が傷んでしまった場合は、車にもよりますがドライブシャフト本体の部品代だけでも数万円単位の出費が発生します。

車検整備や定期点検をしっかりと行う事で、長い目で見ておサイフにも車にも優しい車の管理に繋がります。


お車について気になる事や疑問がありましたら、トータルカーサービス  TCS福山 TCS Keiにご相談ください!
地域に根ざした自動車会社として、お客様のカーライフをトータルでサポートいたします。

・自動車販売事業

新車・新古車・中古車・輸入車全般を取り扱い、お客様のご要望にしっかりお応えいたします。

・自動車整備事業

安心した整備はもちろん、お客様のご要望の一歩先を汲み取ったメンテナンスのご提案をし、満足していただけるアフターサービスに努めております。

・自動車保険事業

 一生に一度かもしれない事故の時に、お客様の不安に寄り添える代理店として、頼られるサービスを行っております。

トータルカーサービスは、お客様のカーライフのブランディングをお手伝いいたします。

TCS福山(トータルカーサービス本社)
〒721-0963広島県福山市南手城町1丁目14-7
TEL 084-973-1147 FAX 084-973-1148
定休日:日曜日・祝日
営業時間:9時00分~18時00分

TCS Kei(トータルカーサービスKei)
「軽トラ軽バン専門館」
広島県福山市南手城町2-16-1
TEL: 084-983-2161

定休日:日曜日・祝日
営業時間:10時00分~18時00分