【ドライブレコーダーの選び方②】万が一の瞬間をしっかり記録できるカメラ性能について!

2021/04/17 更新   豆知識のトピックス

福山市の皆様へ。

お車の乗り換え、修理、点検はトータルカーサービス TCS福山 TCS Keiにおまかせください♪

先日は、ドライブレコーダーの選び方第1弾として、カメラのタイプを3種類ご紹介しました。

↓↓↓カメラタイプ別のドライブレコーダーの違いはこちら↓↓↓

【ドライブレコーダーの選び方①】

ドライブレコーダーを初めて装着される方が皆さん不安に思うのが、

「もしトラブルやアクシデントが起きた時に、カメラがしっかりと状況をとらえているか」

という事です。

今回は、万が一の時にしっかりと記録を残してくれるカメラ性能についてのお話です。

映像の綺麗さは画素数と画質

カメラで録画した映像の鮮明さを決める2つの要素が画素数画質です。

車のトラブルはカメラに写っている車両のナンバーがしっかり読み取れるか、などの映像をしっかりと確認できるカメラ性能が必要です。

目安として

・画素数は200万画素以上

・画質はFull HD以上

のものがオススメになります。

逆光や夜間の録画を鮮明にするカメラ機能

普段スマートフォンのカメラなどでも経験のある方がいらっしゃるかもしれませんが、カメラは明るい部分と暗い部分の対比が激しい場合に「白飛び」と呼ばれる明るい部分が真っ白になっていまう現象があります。

逆に暗い部分が真っ黒になってしまう黒つぶれ」と呼ばれる現象も。

こういった映像を補正してくれる機能がHDR(ハイダイナミックレンジ)WDR(ワイドダイナミックレンジ)です。

補正方法は違いますが、どちらも白飛びや黒つぶれを防ぐ、ドライブレコーダーには必ずついていて欲しい機能です。

信号の色をしっかりとらえる機能

最近の信号機はLEDに変わっており、LEDは目に見えない速さで点滅しています。

そのため、ドライブレコーダーのカメラで撮影した場合、信号の色や点灯がしっかりと撮影できない場合があります。

この信号機の高速点滅に対応しているドライブレコーダーを選ぶことも、大切なポイントです。

お車について気になる事や疑問がありましたら、トータルカーサービス  TCS福山 TCS Keiにご相談ください!

地域に根ざした自動車会社として、お客様のカーライフをトータルでサポートいたします。

・自動車販売事業

新車・新古車・中古車・輸入車全般を取り扱い、お客様のご要望にしっかりお応えいたします。

・自動車整備事業

安心した整備はもちろん、お客様のご要望の一歩先を汲み取ったメンテナンスのご提案をし、満足していただけるアフターサービスに努めております。

・自動車保険事業

 一生に一度かもしれない事故の時に、お客様の不安に寄り添える代理店として、頼られるサービスを行っております。

トータルカーサービスは、お客様のカーライフのブランディングをお手伝いいたします。

TCS福山(トータルカーサービス本社)
〒721-0963広島県福山市南手城町1丁目14-7
TEL 084-973-1147 FAX 084-973-1148
定休日:日曜日・祝日
営業時間:9時00分~18時00分

TCS Kei(トータルカーサービスKei)
「軽トラ軽バン専門館」
広島県福山市南手城町2-16-1
TEL: 084-983-2161

定休日:日曜日・祝日
営業時間:10時00分~18時00分