ブレーキパッドを交換しないとどうなる?通常なら交換しなくて良い部品も交換しなくては行けなくなります!!

2021/06/30 更新   メンテナンスのトピックス豆知識のトピックス

福山市の皆様へ。
お車の乗り換え、修理、点検はトータルカーサービス TCS福山 TCS Keiにおまかせください♪

車が止まるために絶対に必要なブレーキパッド
交換時期が来ている事に気付かずに走行を続けてしまうと写真のような状態になり、ブレーキパッド以外の部品も交換しなくてはいけなくなります。
今回は、ブレーキパッドがなくなるまで走ってしまうとどうなるのか、ご紹介します。

ブレーキはパッドとローターで構成されています

上の写真の円形のパーツがブレーキローター
右の四角いパーツがブレーキパッドです。
ブレーキはタイヤと一緒に回っているブレーキローターをブレーキパッドが挟み込み、ローターの回転を止める力がそのままブレーキをかける力になります。
そのため、ブレーキパッドは徐々に減っていき、大体5万キロほどで交換が必要になります

ブレーキパッドがなくなるとローターを削ります!

写真は正常な状態のブレーキローターです。

こちらは削れてしまったブレーキローター。
正常なものと比べ表面が粗く削れているのが分かりますよね。
この状態になってしまうと、ブレーキを正常に作動させる事が困難になります。

ブレーキパッドがなくなってしまうと、背面の硬い部分でブレーキをかける事になってしまうため、ローターを削ってしまうのです。
この状態になってしまうと、ブレーキパッドを交換すると同時に、ローターを交換もしくは研磨して表面を滑らかにしなければ、ブレーキが正常に効かなかったり、ブレーキパッドがすぐに減ってしまう事になります。

ブレーキパッドの交換時期の目安は5万キロとお伝えしましたが、例えば、年間1万5千km走行する方が、車検の時にまだ走行3万キロの場合、車検では交換時期が早いですよね。
しかし、次の車検までに一切点検を行わなかった場合、6万キロ走行してしまい、目安距離を上回ってしまいます。
ブレーキはホイールのすき間からはしっかり確認できないため、タイヤを外して点検を行わなければなりません。
12カ月点検やタイヤ交換の際などに、こうした部分も親切にチェックしてくれる車屋に作業を任せる事が、こうしたトラブルにならないための最善の対処です。

お車について気になる事や疑問がありましたら、トータルカーサービス  TCS福山 TCS Keiにご相談ください!
地域に根ざした自動車会社として、お客様のカーライフをトータルでサポートいたします。

・自動車販売事業

新車・新古車・中古車・輸入車全般を取り扱い、お客様のご要望にしっかりお応えいたします。

・自動車整備事業

安心した整備はもちろん、お客様のご要望の一歩先を汲み取ったメンテナンスのご提案をし、満足していただけるアフターサービスに努めております。

・自動車保険事業

 一生に一度かもしれない事故の時に、お客様の不安に寄り添える代理店として、頼られるサービスを行っております。

トータルカーサービスは、お客様のカーライフのブランディングをお手伝いいたします。

TCS福山(トータルカーサービス本社)
〒721-0963広島県福山市南手城町1丁目14-7
TEL 084-973-1147 FAX 084-973-1148
定休日:日曜日・祝日
営業時間:9時00分~18時00分

TCS Kei(トータルカーサービスKei)
「軽トラ軽バン専門館」
広島県福山市南手城町2-16-1
TEL: 084-983-2161

定休日:日曜日・祝日
営業時間:10時00分~18時00分