トランクにある「パンク修理キット」使い方知ってますか?

2021/06/12 更新   豆知識のトピックス

福山市の皆様へ。
お車の乗り換え、修理、点検はトータルカーサービス TCS福山 TCS Keiにおまかせください♪

タイヤがパンクした時の応急処置として、パンク修理キットが最近の車には標準装備されています。
「パンク修理キットを使って修理すればパンクが直る」と思っている方もいらっしゃいますが、間違いです。
今回は、正しい修理キットの使い方のお話です。

パンク修理キットは一時的な応急処置です

パンク修理キットと聞くと、パンクが修理できると思いますよね。
車に標準装備されているパンク修理キットは、一時的に走行できるようにするだけの応急処置です。
修理工場まで走行するためだけの非常手段ですので、短距離の走行だけに使用するようにしてください。

パンク修理キットを使用する手順

まずパンクを発見した時は、釘やネジが刺さっていても絶対に抜かないでください
抜いてしまうと、ふさがなければいけないタイヤの穴が広くなり、修理できなくなってしまう場合があります。

修理キットを使用する時は、車を交通のさまたげにならない、地面が平らで固い安全に作業できる場所に移動します。
マニュアル車はチェンジレバーを1またはRに、オートマチック車はセレクトレバーをPにいれ、サイドブレーキをかけてエンジンを停止します。
必要であれば非常点滅灯や停止表示板 (停止表示灯)を使用して、2次災害や事故等が起こらないようにしてください。

ほとんどの車がトランクのトレイを開けるとパンク修理キットが入っていますので、修理キットを取り出します。

修理材のボトルをよく振ります。

ボトルのキャップを外し、注入ホースをボトルに接続します。

パンクしたタイヤのバルブキャップを外し、コアまわしのとがっていない方でタイヤの空気を完全に抜きます。

コアまわしでバルブを反時計回り(左回り)に回し、バルブコアを取り外します。

注入ホースをバルブに差し込みます。

バルブを逆さまにして、ボトルを手で圧迫して修理液をすべてタイヤの中に注入します。

注入ホースをバルブから引き抜き、バルブコアを取り付けます。
バルブコアは時計回り(右回り)で締め付け出来ます。

コンプレッサーからコンプレッサーホースと電源プラグを引き出します。

コンプレッサーホースをバルブに接続します。

電源プラグをシガーソケットに差し込み、車のキー(電源)をACCにします。
コンプレッサーの電源をONにして、タイヤに適正空気圧を入れる事ができたら、コンプレッサーを外してください。

修理材はタイヤの内側全体にいきわたらなければなりませんので、上の手順が終わったらあまり時間を置かず、走行するようにしてください。
走る事でタイヤの中の修理材が内側全体にいきわたります
また、あらためてお伝えしましますが、パンク修理キットは一時的な応急処置です。
走行できるようになったら、修理工場へ慎重に走行してください

お車について気になる事や疑問がありましたら、トータルカーサービス  TCS福山 TCS Keiにご相談ください!
地域に根ざした自動車会社として、お客様のカーライフをトータルでサポートいたします。

・自動車販売事業

新車・新古車・中古車・輸入車全般を取り扱い、お客様のご要望にしっかりお応えいたします。

・自動車整備事業

安心した整備はもちろん、お客様のご要望の一歩先を汲み取ったメンテナンスのご提案をし、満足していただけるアフターサービスに努めております。

・自動車保険事業

 一生に一度かもしれない事故の時に、お客様の不安に寄り添える代理店として、頼られるサービスを行っております。

トータルカーサービスは、お客様のカーライフのブランディングをお手伝いいたします。

TCS福山(トータルカーサービス本社)
〒721-0963広島県福山市南手城町1丁目14-7
TEL 084-973-1147 FAX 084-973-1148
定休日:日曜日・祝日
営業時間:9時00分~18時00分

TCS Kei(トータルカーサービスKei)
「軽トラ軽バン専門館」
広島県福山市南手城町2-16-1
TEL: 084-983-2161

定休日:日曜日・祝日
営業時間:10時00分~18時00分